老後の資産管理と相続相談は
    家族信託コーディネーターの
    FPあべ事務所へ

   当ホームページにようこそ。

 老後の安心のための「終活」や「家族信託制度」についての講演もおこなっています。

「相続に役立つ基礎知識」について解りやすく解説したコーナーを設置していますので、ご参考にして下さい。 

  

FPあべ事務所の特色

顧客の利益第一が経営の理念

  独立自営のファイナンシャル・プランナーとして、中立・公正な立場で顧客の利益第一を経営方針としています。因みに、金融商品の取り扱いはしておりません。

認知症に備えた資産管理と相続対策に重点

   相続対策には標準的な処方箋といったものはありません。相続事案は財産や家族関係によって千差万別だからです。

   人生100年時代を迎え、相続対策は老後の資産管理と一体に考えるべきでしょう。認知症に備えた資産管理に加え相続の機能も併せ持った家族信託制度は有効な選択肢の一つです。

 

宅建士の目線で不動産の相続対策に助言

  不動産は相続財産の金額の約半分を占めますが、換金化の難しい資産であり、また自宅等の土地の相続には相続税の負担が軽減される様々な特例があります。
   不動産の相続について、宅地建物取引士としての目線も踏まえて助言を行います。

主なサービス業務

    住宅相談

 不動産の相続税対策のほか、住宅ローンの返済が家計にとって持続可能で適正な水準を維持できるよう適切な助言を行います。   

    老後の生活設計

  長寿化に伴って、90代まで長生きするという想定の下に、老後の家計の見直しと認知症に備えた資産管理も必要になってきます。 



  相続・贈与相談

  相続対策は、相続財産の全体像を把握し、生前贈与、遺産分割、納税計画、資産運用等の対策を練る必要があります。